大和市を中心にホームページ制作をするCarry@Companyのブログ

Diary

3.11 その日の自分。

2020.03.11 Wed

9年前の今日。
朝から確定申告の準備。
珍しくダイニングでテレビを見ながら「間に合うのかなぁ」っと思いつつ、パソコンを打っていました。

2時45分少し前。
地震?いつもよりも激しい!?
家はちょうどマンションのど真ん中になるので揺れが激しく感じる時が。
その時も気のせいだろうっと思っていたら、だんだんと揺れが激しく。
「えっ!?」
「やばい!?」
次の瞬間、揺れのために立てないっ。
仕事部屋では、何かが落ちる音が。
急いで玄関のドアを開け放し、テレビをつけたら速報がっ。
このとき、初めて東北を震源地とした大きな地震が起きたことを知りました。

テレビでは
「津波が来ます高台に逃げてください!!」
「津波が来ます高台に逃げてください!!」
っと悲鳴にも似た声で何度も何度も。
画面には、川にかかる橋の上に車から降りて周りの様子をうかがう人が。
「車から降りて逃げてください!!」
(今思えばこの人、テレビ見ていないんだから聞こえてないぞ)
未だにその場面が焼き付いていて、思い出すたびにこの方、その後、どうなっただろう・・・っと。

そしてついに津波が・・・
実は、それまでは津波と言うのはよくテレビや映画にでてくるような海の一部がせせり上がって、そのまましたに下がるような波が何度もあるのかと思っていました。
画面に映し出されたのは大きなうねりが上流へと上っていく様子。
まるで生き物が静かに少しつづ進んで行くような。
それを見て、現実には思えず、映画を見ているような感じ。
すっごく不謹慎なのですが、そのときに頭の中にはなぜか「アベマリア」が。

その後。
母に電話をしたのですが電話が通じず。
義母にも連絡したのですが通じず。
旦那にも連絡しようとしたのですが通じず。
メールも送れず・・・

旦那とは数時間後、「今日は帰れない。会社に泊まる」っと連絡が。
その日は心細い一日を過ごした記憶があります。
次の日、旦那は相鉄が大和まで来なくなったので二俣川から歩いて帰ってきました。
そして、月曜日に大和から二俣川まで歩いて電車に乗り会社に行きました。
もう、二度とやらないそうです。

ところで、不謹慎なのですが震災のことを思い出すたびにDREAMS COME TRUEの「何度でも」が頭に流れてきます。
勝手かもしれないけど、この歌詞が被災地の方たちの姿に思えてくるんですよね・・・
逆に「何度でも」を聞くたびに当時の被災者の方たちを思い胸がキュンとなります。

Diary

Aug 2020
MONTUEWEDTHUFRISATSUN
« Previous month Next month »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

Memorandum

ホームページのことならCarry@Company

© Copyright 2020 Carry@Company